• 脱毛サロンや提携しているローン会社に申し込む

    一つは、脱毛サロンが提携しているローンの会社に申し込むことです。これは脱毛サロンそのものが分割払いのプランを受け付けていることもあれば、脱毛サロンが提携している「信販会社」と呼ばれる会社が受け付けていることもあります。
    信販会社の場合、分割払いや割賦払いが利用できますのでその会社に分割払いの申し込みをし、審査を受け、審査に通ったら信販会社から脱毛サロンへ料金が支払われます。あなたは脱毛サロンに通いながら、信販会社に分割払いを続けていきます。
    ちなみに、この時に大体の場合は金利が発生します。この場合は提携金利なのでそこまで高額にならないということもあれば、脱毛サロンそのものがやっているところならばそこまで高く無い場合もあります。ただ、大体の場合は金利が発生しますので、その点は覚悟しておきましょう。
    また、信販会社の審査に通らない場合、残念ながらエステを受けることができません。これは今まで消費者金融などからお金を借りて返済してこなかったり、携帯電話の代金の支払をしなかったり、他の分割払いやクレジットカードの利用金額などが大きすぎる場合に起こります。この場合は他の方法を考えましょう。

    脱毛サロン情報:エタラビのワキ・VIO・全身脱毛の口コミ事情を調査!

    クレジットカードのプランやカードローンを利用する

    また、クレジットカードの分割払いやカードローンの支払いで返済をリボ払いにするのも方法です。
    クレジットカードの場合は支払いの際にクレジットカードの分割払いで支払います、というふうに伝え、支払うクレジットカードを渡します。お店はそのカードで決済し、その後に決められた支払金額と回数で、そのクレジットカードの引き落としと同時に支払いを行います。
    クレジットカード会社によっては繰り上げ返済をしたり一括返済をしたりもできますから、安心してくださいね。
    ただ、この支払い方法の場合はクレジットカードを持っていることと、クレジットカードの利用可能枠にサロン代金を超える余裕があることが前提です。
    一方、カードローンを利用するのも方法です。これはカードローンでお金を借りて、返済を分割やリボ払いで支払うというプランです。
    この場合はカードローンに申し込んでローンの審査に通り、エステ費用分をカードローンで借り、脱毛サロンには現金で支払をします。その後、エステを受けながら借りた金額を返済していきます。
    この2つのプランの場合は金利が高めですので、気をつけておきましょう。きちんと返済していくことが求められるやり方です。

    脱毛の方法とその種類について

    脱毛には医療機関に行かなくてはならないものや、自分で手軽にできるものなど様々な種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。ここではその具体的な種類や方法の中身と、効果や注意点などについて説明していきます。

    脱毛の方法や種類について

    脱毛をする方法には様々な種類があります。自分自身で行うか、エステや医療機関で行ってもらうか、一時的なものか永久的なものかによっても違います。具体的には、溶かす、抜く、家庭用の器具を用いる、ワックス、針、レーザー、光(フラッシュ)などがあります。溶かす方法はクリームなどを肌に塗り、毛を溶かすものです。抜く方法はピンセットなどを用いて毛を抜くものです。家庭用器具を用いる方法は、その器具の種類が様々であるため、器具によって違いが出てきます。ワックスは基本的に毛抜きによるものと同様ですが、広範囲を一度に処理できるので、毛抜きよりも効率的です。光を用いるものは、主に永久的な脱毛をするためのものです。針によるものも、光と同様に永久的な脱毛を目的として行うものです。レーザーを用いるものも、永久的な脱毛を目的としたもので、レーザーを照射し、毛の細胞を熱によって処理していきます。このうち、自分で行えるものは、溶かす、抜く、家庭用の器具を用いる、ワックスの方法です。また、自分で行うことが難しく、エステサロンか医療機関で行ってもらわなければならないものには、針やレーザー、光などがあります。

    脱毛をするにあたっての注意点と効果

    脱毛の種類は様々であり、注意点や効果も様々です。毛を溶かして処理するものは、痛みやチクチクする感じはありませんが、毛を溶かすために塗るクリームによって、皮膚にアレルギー反応が出る場合があるので注意が必要です。毛を抜いて処理する場合は、手軽で、簡単に行うことができますが、毛が太くなってしまうことやイングロウヘアが発生することもあります。ワックスにより処理する場合は、処理が終わった後ツルツルとした肌になり、また、一気に広範囲を処理することができます。しかし、毛抜きの場合と同様に、イングロウヘアが発生することや、ワックスのはがし方によっては肌に負担が掛かってしまうことがあります。針脱毛は永久効果は高いですが、処置をするのに時間が掛かり、値段が高くなってしまう点や痛みが強いという点がデメリットです。レーザー脱毛は永久効果が高く、処置の時間も針よりも短くて済みますが、火傷のリスクがあります。光を用いる方法も永久的効果の得られるもので、その効果は針、レーザーに続いて高いです。さらに短時間で処置が終わるため、値段が安く、肌への負担が少ないという点もメリットです。しかし、レーザーよりも脱毛効果が劣る場合があり、結果的に処置の回数が増えてしまうことがあります。